blinqtv のすべての投稿

パトロン募集

僕はある女性のパトロンになっている。
彼女は個人で輸入雑貨業を営んでいる。もともとの出会いのきっかけは援助交際だった。その頃の彼女は、遊ぶお金欲しさに援助交際をしているような女の子だった。そして、僕は若い子の体が目当てなおっさんだった。
援助交際はだいたい一回こっきりで終わるものだが、僕と彼女は結構長い期間続いた。
やがて、出会って1年目くらいの時に、彼女がベッドの中で寝言のように言った。
「独立したいからパトロン募集しようかな」
だったら、僕がパトロンになるよ、と、僕は結構な額を彼女に投資した。彼女は冗談のつもりだったらしいが、僕がお金を用意したことに対して、これは本気で独立しなければ、とその気になったらしい。
開業1年くらいは苦労の連続だったようで僕も援助を続けていたが、今では事業も安定して金銭の授受はなくなっている。だが、僕たちはまだ関係を続けている。金の切れ目が縁の切れ目にはならなかったのだ。
その日、僕は彼女を温泉旅行に誘っていた。近場の温泉で一泊二日のミニ旅行だ。お互いに忙しい立場であり、これくらいがちょうどいい。
パトロンの意味
「温泉は久しぶりだからうれしいな」と、電車に揺られながら彼女は素直に喜んでくれた。
しかし、僕には別の目的があった。
それは、彼女との関係をはっきりさせたかったからだ。
彼女が独立を果たした今、もう彼女がパトロン募集する理由はない。つまり、パトロンとしての僕の役割は終わっている。
彼女は少しずつ僕に返済して来るが、僕はリターンは全く考えていなかった。
なぜ、援助交際なんて関係で知り合った女の子に多額の投資をしたのか、実は答えははっきりしている。
僕は彼女が好きなのだ。セックス対象としてではなく、ひとりの女性として彼女のことが好きになっていたからだ。
だから、返済をしてもらう必要はない。言い方を変えると、返済を終えると彼女との関係が切れてしまうのではないのだろうかとの危惧があったのだ。
彼女にとって僕は単なるパトロンなのか、それ以上のものなのか。
美味しそうに冷凍ミカンを頬張る彼女を見ながら、僕はポケットの中に潜めた指輪のケースをぐっと握りしめた。
この旅行を終える頃には僕たちの関係ははっきりするだろう。
電車がトンネルに入ってふっと車内が暗くなった。すると、彼女がぽつりとつぶやいた。
「パトロン募集はもういいから、次は旦那さん募集しようかな」
円光
割り切りの相場

家出掲示板

家出掲示板なんて、ただの暇つぶしだから。
大学でも優秀で、容姿もそこそこで、男の子だってちやほやしてくれるし、足りないものなんて何もない。
家出掲示板に書き込んでる他の女みたいに、何が欲しいってこともないんだよなぁー。
そんなことを思いながら、いつも家出掲示板で遊んでいた。
その日もそんな暇つぶしだった。
彼はホテルに着くなり、私に下着を渡して、「これを付けてくれない?」と言ってきた。
彼はランジェリーデザイナーで、自分の作品を身に着けてくれる女の子を探してたとか。
私は、とりあえずその下着をつけてみた。
再度がひもになっていて、後ろと前に少し穴があるような、スケスケのいわゆるエロ下着。
その下着姿を見るなり、彼は目を輝かせて「似合うよ! すごい可愛い!」と興奮したように言ってきた。
神待ち
私は直ぐにベッドに押し倒され、おっぱいをなめまわされた。
先ほど履き替えたばかりの下着はやんわり濡れてきて、下着にこだわるくせに一向にマンコに触れてこない男にやきもきした。
「お願い……下も触って」
私が恥を忍んでお願いすると、「嫌だよ。せっかく下着可愛いのに。脱がせるのもったいない」なんて言ってきた。
でも、もう限界で、触られてもないのに、腰が揺れてしまっているのが自分でもわかる。
彼は笑いながら、私の足をM字に開かせると、「いい眺め」と言いながら、うっとりとみている。
「……お願い……もう、限界だから~」
私は再度お願いすると、彼は前のレースの穴から指を入れて、クリトリスを撫ぜた。
それだけの行為で私はいってしまって、恥ずかしくて死にそうだ。
彼はその後も焦らしながら、何度も何度も私をいかせた。
ただ、下着は決して脱がさず、終わったころには下着は絞れるくらいぐっしょりとしてしまった。
「また、新しい下着ができたら連絡するね」
ばかげた男の提案なのに、私はその連絡先を携帯に登録してしまった。
暇つぶしにはなるかもしれないから。
家出少女
家出掲示板

サポ掲示板

私の場合は、サポ掲示板である人と知り合ってから人生が変わりだしたって実感してる。
高校卒業して、専門学校に行ってた頃なんだけど、学校が思っていたより詰まらなくて、いつも遊んでばっかりいたのね。
だけど、お金もないから、そうそう遊んでばかりもいられなくて、結局、サポ掲示板で男からお金を巻き上げて遊んだれ♪なんて思い始めたわけ。
それで、何度か怖い目にも合ったけど・・・お酒飲まされそうになったり、もっとヤバいものとかあったし・・・。
私、お酒もたばこもやらないの。今は二十過ぎてるけど、当時はまだ二十前だったしね。
もともと、うちの両親がお酒もたばこもしない人だったからね。で、私の嫌いな叔父さんが酒乱で、タバコもヘビースモーカーで、イヤな印象しかなかったから。。。
JKとの援交
自分もそういうのに抵抗があったんだよね。
サポ掲示板にいると、私の嫌いな叔父さんタイプの男ばっかりいるから、お金貰うのも抵抗なかった。
こいつらからお金をもらって、そのお金で遊びまくってやろうって、嫌いな人に対する腹いせみたいな?そういう感覚があったのかもね。
だけど、ある時、サポ掲示板でお酒もたばこもしないし、エッチなことにも誘ってこない人がいたんだよね。
で、私としばらくお茶飲みながら話してて、その時にね、「君、さっきから自分の話って一切してないよね」って言うんだよね。
「そうですか?」って流したけど、「その年頃の子って、自分のこと話すの好きなのに」って。
そこにいるのに、いないような薄い存在感がいい!って気に入られて、モデルの仕事紹介されたんだ。。。。
穂別いちご
JCと援交をする

セフレ募集

結婚相手を探すより、セフレ募集の方が色々と近道なんだなと思ったことがある。
二十代半ばの頃だったんだけど、すごく結婚願望が強くて、色んな人を紹介されて付き合ってみたりもしたんだけど・・・ピンと来なくてね。
結構な人数と知り合ったけど、親密な関係になるまでは進展しなかったのね。
で、その頃なんだけど、友達で一人、セフレ募集してる子がいてさ。
「結婚なんて考えたこともない。35くらいになって、まだ独身だったら焦るかも」なんて言っててね。
私も、その子にだけは先を越されないだろうって思ってたんだけど・・・意外にその子の方が結婚早かったの。
27の時には、その子、セフレ募集の相手の男と結婚してたし。
なんか子どもができたんだって。それで、友達の方は、産みたいとか真剣に考えてたわけじゃないらしいんだけど、相手の男が「産んでほしい」って土下座するんだって。
セフレ 掲示板
それで、渋々結婚することになったって笑顔で報告された。
セフレ募集とはいえ、色々な意味で相性が良かったんじゃない?いまだにラブラブ夫婦で仲良し親子してるし。
うん・・・その時の子ども、もう今幼稚園だから。
そして私はまだ独身で婚活中。
セフレ募集で妊娠して結婚に持ち込む方がいいのかなぁ。
だけど、なんかさ、そういうなし崩し的な結婚って、ロマンがなくない?
ちゃんと恋愛して、ロマンティックなプロポーズされて、シンデレラみたいな結婚式あげて・・・新居に引っ越して、家具とか全部新しくて・・・。
ダメ?そういうの?
大人の関係
大人の関係

パパ掲示板

私はパパ掲示板で知り合った人の間に子供が授かり、気付いた時は妊娠6ヶ月。もう下ろすことは出来ませんでした。パパに相談すると認知はできないけれど、教育費などお金の面では協力すると言ってくれました。どんどん大きくなっていくお腹に不安を感じながら、パパ掲示板を利用したことに後悔しました。パパは妊娠する前と変わらず週一のペースで私に会ってくれるけど私は1人で育てることに不安を感じていました。

数ヶ月後、陣痛が始まり夜ということもあってパパに連絡すると奥さんにバレると思い1人で病院行き、1人で子供を産みました。元気な男の子。子供の顔を見て不安が一気に吹っ飛び、この子と一緒に頑張ろうという気持ちになりました。入院生活している時も、私には誰も赤ちゃんを見に来る人はいませんでした。
愛人の女子大生
私は家族とは疎遠だったので妊娠した事も教えていません。パパにはメール入れたけれど出張で病院には来れず。旦那さんや親が子供を見に来ている家庭がすごく羨ましかった。

そんなある日、見たことある男性の姿がありました。彼も私に気づくと驚いた表情を浮かべていました。夕方、その人からメールがありました。「君が産んだ子供、もしかして俺の子なの。」そのメールで気づきました。彼はパパ掲示板ではなく出会い系サイトで知り合いパパと同じ時期に付き合ったことに。パパの子供だと思っていたけれど、もしかしたら彼の子供かもしれない。私は自分の子供を見て自分のやらかした行動に後悔をしました。本当のパパは分からない。今のパパと別れたらお金が困る。私は血液検査などはしないで、今のパパとの間で出来た子供として育てようと思いました。
援助交際をするJK
割り切り掲示板

JCとの援交

私の家族は3人暮らしです。主人とJCの娘。普通の家庭に見えるけれど実は子供は主人の子供ではありません。この事は子供も夫も知りません。私と愛人の間に産まれた子供。唯一知っているのが愛人と私だけ。

愛人とは職場で出会いました。だから、愛人の家でJCとの援交のニュースが流れると自分の子供はそうならないかと心配と言っています。子供には愛人の事を私の親友と話しているので
私と愛人が仲良くしても何も言ってきません。それどころか、子供は主人より愛人の方が好きと言っています。それに喜ぶ愛人ですが、愛人にも家庭を持っているため複雑な気持ちでした。
援交するJK

そんなある日、娘が愛人の子供を見たいと言ってきました。私はもちろん反対しました。何故なら愛人の子供は男の子ですが、血が繋がっているのもあってとても似ていているからです。だけど、反対し続けるとかえって怪しまれるので私は愛人に子供が変顔している写真をもらいそれを娘に見せました。「変顔してるけど、この子カッコいいね。会いたいな。」その言葉を聞いてますます会わせてはいけないと思いました。

再びニュースではJCとの援交が流れていますが、それよりも不倫の子供を作った方が大変だとニュースを見ながら改めて思いました。私と愛人は今と変わらず付き合っていますが、お互い今思うことは同じです。生まれ変わったら今度は一緒になりたい。なんで、主人より早く彼に出会わなかったんだろう。そうしたら絶対結婚していたのに。私は主人を見るたびにそう思って仕方がありません。
ホ別
穂別いちご

オナニーチャット

少女漫画が大好きです。家には何百冊の漫画があります。まだまだ欲しい漫画があるけれど家にはもう置けないので、少しだけ売ったりして新しく漫画を買っています。仕事もアニメ関係の仕事をしています。時間に追われる毎日を送っています。給料も少ないけれど好きな仕事をしているのでとても幸せです。しかし、一緒に仕事をしている友達の未来ちゃんだけは何故かいつも綺麗な格好をしていました。家賃も私の2倍のところに住んでいて、とてもじゃないけれど、この仕事だけでは生活ができない位の生活をしています。親から仕送りをもらっているのと聞きましたが貰っていないと言っています。
オナニー ライブチャット
私はふと気になって彼女にここ以外の仕事をしているのかと尋ねると、オナニーチャットで副業をしていると教えてくれました。オナニーチャット。名前からしてスケベなサイトと感じました。案の定サイトを開くとスケベなサイトでした。でもそれで稼げるならとオナニーチャットを始めました。

初めてやるせいか、私があまり肌を露出しないせいか、チャットしてくれる男性がいてもすぐに退室してしまいます。ところが1人の男性を見て私は退室させたくないと思いました。その人は私の憧れている漫画の作家さんでした。まさか彼がこういうサイトを利用しているとは思ってもいませんでした。彼が望むことをできるだけ応えようとしていると彼から本当に今日が初めてなのと言われました。

それからしばらくして、仕事で彼と実際に会うことになりました。彼は私を見て驚いた顔をしていました
オナニー友達
オナニー鑑賞

デート援

これも一種のデート援になるのかなぁ。
私、とある会社で総務で働いてるんだけど、色んな部の人とも業務上関わりがあるでしょ。
それで、色んなところから飲み会に誘われたりするんだけど、ある時に営業の部長から「業務の一環としてなんだけど、デートしてくれない?」って。
得意先の人の息子さんとデートしろって言われたんだよね。
お見合いとかなら、断るんだけど、デートだけっていうし。
しかも、その営業部長が「デートするだけでいいから!ちょっとお礼もするし」って。
それってデート援・・・金の出所は違うけど、デート援じゃん!
交際 謝礼
「君を見込んで頼んでるんだから!」って圧迫されてつい引き受けてしまったんだけどね。
私が色んな部の人と、仲良くなってるし、話しやすいし、女子が苦手な男子とでも上手く会話を引きだしてくれる、そういう特技を生かしてほしいなんて言われると、悪い気はしないでしょ。
その得意先の息子さん、引きこもりがちなんだって。
だけど、そろそろ就職も考えなきゃいけないし、女性と付き合った経験もないから、それで余計に引っ込み思案になってるんじゃないかって心配してるって話。
それで、営業部長が「うちの総務の子は誰とでも打ち解けて話せるし、息子さんの気持ちをほぐすことができるかもしれません」なんて安請け合いしてきたらしいよ。
「俺の顔を立てると思って!」って言うけど、お前の顔を立てても私には何の得もないんですけど!
「飯奢るし!お礼も出すし!うちの飲み会、会費なしで参加してもらっていいし!」って、もう少しゴネたら、もっといい条件引き出せたかも・笑
パトロン
愛人が欲しい

パパ募集

パパ募集で知り合った女の子なんだけどさ、ウソつかれてたんだよね。
学生で、学費稼いでるって話だったんだけど、実はすでにその学校も辞めちゃっててさ。
一人暮らししてるとか言ってたけど、本当は男と住んでたりさ。
別にいいよ、ウソついても。所詮パパ募集だしさ、女なんて男騙してナンボでしょ?おにーさん、この程度じゃ別に怒らないよ?
映画の寅さんだって、何度女に騙されたことか。だけど一度だって、女を悪く言ったことないよね?
ああいうのが理想だよ。自分は損しても、騙されても、ウソつかれても、自分が信じたい、信じてる美しさだけしか見ないの。
だけど。だよ。パパ募集で美人局は反則だろうと思うのよ。
こっちは、パパ募集だし、一応相手にお金払ってるわけよ。
お金くれる パパ
さらにそれをネタに強請られると、「おいおい」って話になるでしょ?
いや、もしかしたら、彼女はこのこと知らないのかもしれないよ?同棲してる男が勝手に、後をつけて俺の写真撮って、それで強請ってるだけかもしれないよ?
だけどさ、男がいるにも関わらず、パパ募集するからには、やっぱり最低限のマナーってあるじゃん。
男の影を見せないとか、お互いの領域守るとか。色々。
だけど、今回は、その両方違反してるからね。
もしかしたら、彼女もいやいやパパ募集してるのかもね。男に脅されてパパ募集してお金もらっても、それを全部男に取られてるのかもしれないよね。
それならそれでさ、一言相談してくれればよかったのにって思うよな。
やっぱり、俺は寅さんみたいに強くなれないよ。
パパ募集アプリ
パトロン募集

プチ援交

「子供のプチ援交じゃないんだから」って無理やりホテルに取れこまれそうになったことあるんだよねー。
一応、エッチなしって条件だったんだけど、強引に力づくで何とかなるって思っちゃう男性も多いんだなって思ったな。
プチ援交ってだけじゃやっぱり二十歳過ぎると、厳しいなって思った・笑
まぁ、確かに、子供のプチ援交だと、相手が処女である確率も高いし(?)、経験ないフレッシュな女の子と一緒にいるだけでお金出したくなっちゃうよね。
だけど、相手が二十歳過ぎってなると、中古品扱いで、プチ援交だけじゃ納得してもらえないのかもしれないなぁ。
相手が処女ってだけで、お金出したくなっちゃう男の気持ちも分からなくもないかもしれない・笑
トイレ プチ援
自分も年下の、いかにも童貞って感じの子と話してると、「いろいろ教えてあげたくなっちゃう」もん。
だからといって、無理やりホテルはNGだけど!
処女じゃないからって、無理やりOKってわけじゃないし。
処女じゃないからって、一回や二回、無駄使いしたってかまわないとも思ってないし。
だったらプチ援交なんてするなよって言われそうだけど、できるなら楽してお金もらいたいって思うのって普通じゃない?
それに、好みじゃない人とデートしてイチャイチャに付き合うだけで、お金もらってもいいくらいの我慢はしてるよ!
それに付き合ったからって、体の関係まで期待されると、それは違う思っちゃうし。
男の思考回路ってもともとずうずうしくできてるんだよねー。
無理やりホテルって、さすがにないわ。
セフレアプリ
セフレの作り方

オナニー鑑賞

彼女が買ってきたセックスのマニュアル本みたいなのを二人で読んでたんだよね。
そもそも、俺自身はセックスに問題があるとは思ってなかった。だけど、こういう本を買ってくるということは、彼女は俺たちのセックスに問題があると思っているから、なんだよね。
だから、嫌がらずに一緒にその本を見てたんだけど、一つの項目で目が点。。。
「オナニー鑑賞をしてみましょう」って書いてあるんだよ。
いや、セックスの話でしょ?なんでオナニー鑑賞なんてするんだよ、意味分かんねーって思うじゃん。
なのに、彼女「オナニー鑑賞だって!いいね、やってみようか」ってさっそく食いついてるし!
女の発想ってよく分かんないよね。
オナ電
オナニーって、そりゃ俺もするけど、セックス出来ない時にするものであって、セックスできる時にオナニーする奴っていないでしょ?
男なんて無意識に生殖のことを考えてる生き物なんだよ。生殖のチャンスがあるのに、なんでオナニーなんてするの?
本末転倒だろ。
まぁ、その本にはオナニー鑑賞のメリットについて書かれてるけどさ、お互いの体を良く知るために、なんて言ったって、セックス以上にお互いの体を知り合う方法なんてないと思わん?
「セックスしてるんだから、オナニー鑑賞なんて無意味だと思う」って正直に俺が言ったら、彼女に背中叩かれた。
「違うって、ダメだって!」って。
何が違うんだよ、何がダメなんだよ?
「ここ、ちゃんと良く読んでよ」って彼女、読み上げるんだけどさ、セックス至上主義の男には分かんない理屈だよな。
オナニー友達

32歳会社員のゲイの出会い経験談

テレビを観ていたりするとゲイである事をカミングアウトしている人は少なくない。
でも現実社会ではまだまだ壁は高く、自分がゲイだと言い出せる環境はないように思う。
少なくとも自分の周りではそうだし、だからゲイだという事をどうしても隠してしまう。
家に帰るとPCに向かい、ゲイと出会えるサイトを見てメールを送ってみるのが日課になっている。
私と同じようにカミングアウトできずさまよっている奴らのたまり場なのだ。

その中で最近出会った奴がいる。今までメールした事がない真面目な感じで、
私にはとても新鮮に思えるのだ。メールを読むと面白く、ついメールの返事を急いでしまう。
今までこういうサイトでメールして会えたという経験がない。
ゲイの出会いはなかなか難しいし、約束をしてもすっぽかされたりなのだ。
今回はどうだろう、もうメールして1カ月経っている。
焦ってまた駄目になったらと思うと、なかなか会おうという言葉をメールに書けずにいた。
すると向こうから「一緒に飲みに行きませんか」という誘いのメールが届いた。
勿論OKなのだが、待ってましたとばかりに返事を書くのは躊躇われ少し時間を置いてから返信した。

待ち合わせの居酒屋の前に行くと黒いシャツに黒いジーンズ、短髪にメガネの男が立っていた。
私は会社帰りだからスーツだったが、彼は私を見てすぐにわかったようで近づいてきた。
「メールのイメージと同じですね」彼がにっこり笑って言った。
彼も私の抱いていたイメージ通りだった。ゲイだとすぐわかる。
居酒屋でチューハイを飲みながら話をする。彼も出会いのなさを訴えてきた。
彼はSEをやっているとの事だった。出会いがないと言う割には話を聞いていると
私よりも年下の筈なのに経験豊富なようだった。
でも嫌みな感じはないし柔らかい話し方で、こうして話していてもやはり楽しい。
居酒屋を出て彼の住むマンションへ行き、そこでもワインをかなり飲んでしまった。

今、私は彼と一緒に住むようになった。彼のマンションに私がころがりこんだ形だ。
もう出会いサイトを利用する事もないだろう、彼とつきあっている間だけは。

33歳会社員のゲイ掲示板経験談

ゲイ掲示板で知り合った人と、新宿2丁目のスナックで待ち合わせをしていた。
これから、僕はついにゲイの道へと足を踏み入れてしまうのだ。
僕が自分自身に疑惑を感じたのは5年ほど前からだった。
それまでは人並みに会社に就職し、結婚もしたのだが、妻とセックスをしたいと思わなくなってしまったのだ。
それよりも、テレビに登場する筋肉系の俳優に魅かれていくことに気付いた。
最初は同性としての憧れのようなものだと思っていたが、ある日気付くと自分の股間が盛り上がっていることを見つけてしまった。
ああ、おれは興奮していたんだなとこのとき改めて気付かされ、それがきっかけでゲイへの道を調べることになった。
それでみつけたのがゲイ掲示板だった。
ゲイについてはゲイに聞くのが一番早い、そう思っておれ自身の悩みについてゲイ掲示板に投稿したのだった。
それに対してたくさんの励ましや相談に乗るレスがきたのだが、一番親身に相談に乗ってくれたのが、今日待ち合わせしているキョウちゃん(通称)だ。
彼は、僕の悩みを 「わかる、わかる。
自分もそうだったから」 と聞いてくれた。
「実はね、僕がゲイであることに気付いたのは8年前なんだけど、カミングアウトしたのは1年前。
それまで苦しかったわ」 と、一番おれの気持ちをわかってくれそうだった。
おれは彼に会って、実際に何がきっかけで認められるようになったのか、カミングアウトしてどうだったのか、色々と聞きたくて仕方なかった。